高齢者グループホーム ヒューマンケア東大和

ごあいさつ

高齢者社会が急速に進むなか認知症をもった高齢者のケアはたいへん切実な問題です。
 1980年代に、スウェーデンでグループホームがうまれました。それは、住み慣れた住宅地域の中で、 小規模のグループでケアを受けながら共同生活を送るというものでした。それは高齢者を一ヶ所に集めて 介護する介護中心の考え方から、主体を高齢者の生活におき、そこに介護をあてがっていく生活中心の考え方への転換点となりました。 多くのグループホームで認知症の高齢者がいきいきと生活を楽しむようになりました。それだけでなく認知症の症状がやわらぐことがわかりました。 それが日本に移植されて制度化されたものがグループホームです。

グループホームは認知症をもつ高齢者のケアの切り札といわれています。しかしその普及のなかで、 多くのグループホームが施設化していき、グループホームが生まれることになったいきさつが忘れられてしまっています。 私たちは理想のグループホームを追求しています。








▲page top